NISAとは「株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすることで税金面で大きなメリットが受けられます。当サイトではNISAを始めようとお考えの方へNISAについてご紹介していきます。

NISAによるFG株価の投資信託被害に関して

銀行などで利用出来るNISAは、特に利益を出せる方にとっては、とても素晴らしい投資となり、年間100万円までの利益は非課税扱いとしてカウントされず、所得税を支払っていく事も不要となります。しかしFG株価などの投資信託被害も起こっている事実があり、銀行としてはこうした商品を紹介する為、安定的に儲けを出せる事や、NISAなどの非課税枠を利用して安定的な投資を行える事を売りにFG株価など色々と良い事を投資信託に対してイメージを持たせる事が出来ました。しかしながら現実にはFG株価の暴落により投資信託被害に陥った状況も少なくない状況であり、元来元本割れの部分は全く保証してもらえない投資の状況で、こうした投資信託被害が増えている事も問題として起こっている様です。NISAはとても素晴らしい仕組みであり、特定口座の開設により非課税として100万円まで利益が年間に稼いだとしてもそこは課税されずに利益だけを残す事が出来ます。今ではお孫さんなどにこうしたNISAを活用した贈与税の対策を行っている方も多く、結果相続する際にかかるコストを子供などが大人になる間に渡せる部分により投資信託を利用すると言った状況も多くなっています。そう言った状況からもFG株価の暴落などによる、投資信託被害に陥っている人もやはり多くなっている状況であり、そこはやはり投資信託も株式の一種である怖さとして考えて置く必要があります。
例え銀行員が進めてくる商品として、安全を売りにしている状況であっても、100%元本を保証してもらえる定期預金以外は、やはりどこかで投資として捕らえて、投資信託被害などFG株価の暴落などに対してもリスクとして考える必要があります。