NISAとは「株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすることで税金面で大きなメリットが受けられます。当サイトではNISAを始めようとお考えの方へNISAについてご紹介していきます。

NISAで目標株価を決めて非課税対応限度額で取引

NISA口座を持つ事で、年間100万円までの限度額の投資に対する配当金利益や取引益は、課税対象外となり利益にする事が可能になります。

NISAでは株や投資信託で得る利益の一定金額は非課税という利点がありますから、証券会社や銀行にて口座を開けば取引が可能になりますしネット証券を使うとネット経由でのやりとりが可能で利便性も高い取引が可能です。

ただし、NISAでは年間に非課税対象の限度額がありますから、それを超えると通常の税率で税金をとられる事になり、現在では20.175%の税金が必要になります。

2016から非課税の限度額が120万円まで広がり、NISAでの取引では回転率の高いデイトレ取引は向いていない傾向にありますから、中長期で目標株価を設定して長い目で投資する事に向いています。

デイトレの場合は即日決済になり、すぐに限度枠を使ってしまいますから、中長期取引で行う方が利点を活かす事が出来る可能性が高くなります。

目標株価を決めて利益確定ポイントを設定する反面、損切りするポイントも設定しておいた方が良いですし、NISAは元本保証の金融商品では無いですし、リスク管理は自己責任で行う必要がありますから、購入時と比べてここまで下がったら損切りを行うというようなルールを決めておいた方が安全ですし、当然目標株価を設定した利益確定ポイントを意識する必要もあります。

投資では安い所で購入して高い時に売る事が鉄則でもあり、市場では利益は出来るだけ伸ばして、損失は小さくする事が必要ですから、計画的な投資を行って、初心者の場合は取引に慣れてから大きな投資を行うと良いです。

NISA口座を開くとすぐに取引を行う事が出来ますから、まずは業者選択を行って申し込みを行うと良いでしょう。