NISAとは「株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすることで税金面で大きなメリットが受けられます。当サイトではNISAを始めようとお考えの方へNISAについてご紹介していきます。

NISAの仕組み・制度はどんなもの?

多額の資金による株式の取引や投資信託は、サラリーマンなどの一般庶民には手の届かない所の話です。多くの一般市民は、株取引や投信と言ってもピンと来ないと思います。ただ、株取引や投信は、サラリーマンなどの定年退職後の生活資金獲得の方法として折に触れてテレビなどで紹介されています。しかし、通常の株取引や投信では、得られた利益の20%が税金として徴収されます。少額の原資しか準備できない一般層の人たちにとっては、せっかく得た利益も税金として徴収される為、お金は預貯金に回され投資にはあまり使われないというのが現状です。この様な状況から、国民の資金を投資に使ってもらう事を目的として、2014年からNISAという制度がスタートしました。NISAとは、少額投資非課税制度という制度の愛称です。この制度の仕組みは、100万円まで原資を予め作ったNISA口座から株式取引や投資信託として運用する際には、得られた利益についての税金を免除するというものです。この制度は、小口の取引が殆どとなる一般層の市民にとってこの制度は大変魅力的です。ただし、予めNISA口座という特別の口座を作っておかなければなりませんので、その手続きについて予め十分に勉強しておく必要があります。しかし最近では、NISA口座を扱う証券会社や銀行もたくさんありますので、NISAを始めるにあたって大きな不便はありません。NISAという愛称の由来は、この制度の原型が、Individual Savings Account(略称ISA)と呼ばれるイギリス居住者が少額の投資を行う事を促進する事を目的として導入された非課税制度である為です。日本版のISAという意味で、NISAと呼ばれています。

株初心者のためのNISAのはじめかた
●投資信託についてはココを参考に
投資信託 解約
●NISA(ニーサ)の詳細はこちら
ニーサ
●投資顧問の詳細はこちら
投資顧問比較ナビ