NISAとは「株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。NISA口座で取引をすることで税金面で大きなメリットが受けられます。当サイトではNISAを始めようとお考えの方へNISAについてご紹介していきます。

メディネット株を利用してのNISAの周期投資とは

NISAは毎年100万円までの株式投資に対しての利益が非課税となる口座のことです。途中で売却した場合には、その年の控除分は使えなくなるので長期投資に有利とされています。最長5年間は控除が続くので、5年後に一度売却した上でその年度の控除分を利用して買い直す周期投資が理想となります。そのような投資銘柄として利用したいのが、医療関係の開発会社です。例えばメディネットはガンの治療における研究を行っている有望株です。死因の中でもトップとなるガン治療における有効な手段が開発されることによって多くの人が恩恵を受けることになるために、メディネットは注目度も高い銘柄としてチェックされています。ただし、その研究開発は長期にわたるものなので、株式投資の対処としてはNISAのような制度を利用すると、税金面で有利に運用することが可能となるわけです。周期取引のコツとしては、毎年増える控除額を活用して、その分メディネット株を買い増しする方法が挙げられます。そして5年間の控除期間を目一杯利用して保有し、例えば配当を得られた後に一度売却すれば、その配当に対する税金も控除されるのでお得となります。株主総会の後は株価も下がりがちになるので、そのタイミングで買い直すことによって株式の購入コストを抑えることが可能となります。長期投資を行う上では、このようにNISAの控除制度を最大限利用して周期運用するのが有利となります。その対象となる株式は短期売買に向くものではなく、長期にわたって評価されるような銘柄が向いています。メディネットはその中でも医療関係に携わるものとして適するものとなりますし、その投資資金が役に立つものとなります。